Welcome to my homepage
  1. >
  2. ゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみに毛穴の汚れは嫌いです

ゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみに毛穴の汚れは嫌いです

深夜残業、飲み会、見逃せない深夜のスポーツ観戦・翌日の夫のお弁当に食事の準備…。肌が荒れるとは分かっていても、実のところしっかり睡眠時間を確保できない人が大半を占めるでしょう。

スカルプケアの主な目標は健やかな髪の毛を保つことにあります。毛髪に水分がなくまとまりにくくなったり抜け毛が多くなるなど、たくさんの方々が頭髪の悩みを持っているのです。

化粧の良いところ:外見が向上する。化粧も礼儀のひとつ。年上に見せることもできる(24才以下限定です)。人に与える自分自身のイメージを多種多様にチェンジすることができる。

形成外科とは違い美容外科が欠損や損壊のない健康体に施術をする美意識重視の行為であるのに、やはり安全性の意識が足りなかったことが一つの大きな因子なのだろう。

中でも夜の10時~2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイムと言われ、肌の生まれ変わりが一層促進される時間帯です。この240分の間にぐっすり寝ることが最も有効なスキンケアの手段だと思います。

唇の両端、即ち口角が下がっていると、お肌の弛みはますます酷くなります。キュキュッと口角を持ち上げて笑顔になれば、弛みの防止にもなるし、人に与える印象も美しくなりますよね。

押すと返すお肌のハリ。これを生み出しているのは、コスメでおなじみのコラーゲン、すなわちたんぱく質です。スプリングの役割を担うコラーゲンが下からお肌を持ち上げていれば、嫌なタルミとは無縁というわけです。

化粧の利点:新しい化粧品が出た時の幸せ。素肌とのギャップがおもしろい。色々なコスメに散在することでストレスを解消できる。化粧をすること自体に興味を感じる。

普通は慢性化してしまうが、状況に応じた処置によって病気が統制された状態に保たれれば、自然治癒も望むことができる疾患だ。

アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)を薬の力だけで完治させようというのは残念ながら無理な話です。生活環境や楽しいことなど暮らし全体のルールまで共有するような治療が重要だと言えます。

本来28日周期のターンオーバーが狂いがちになると、様々なお肌の老化現象や肌トラブルが起こります。目元などのシワ・濃くなっていくしみ・顔色がパッとしないくすみ・目の下の隈・フェイスラインが下がるたるみ・ニキビ・肌荒れ・乾燥など、まだまだ挙げてみればキリがないくらい大変です。

お肌の乾燥の要因であるセラミドと皮脂の減量は、アトピー性皮膚炎患者のように先天性の要素によるものと、逃れようのない高齢化やスキンケアコスメや洗浄料による後天性のものの2種類があります。

私たちが提唱するリハビリメイクには、肉体の機能にダメージを受けた人のリハビリに等しく、外見に損傷をこうむった人が新たな社会生活を送るために勉強する能力という側面があります。

例えば…あなたは今、パソコンを眺めながら頬杖をついてはいませんか?この姿勢は手の力を思いっきり頬へ伝えて、繊細なお肌に負荷をかけてしまうことに繋がるのです。

体が歪むと、臓器はお互いを押し合うため、その他の内臓も引っ張り合った結果、位置の異常、内臓の変形、血液・細胞の組織液・ホルモンバランスなどにも思わしくない影響を齎すのです。

化粧の欠点:お肌への刺激。毎朝の化粧が面倒くさくて仕方がない。化粧品を買う金がやたらめったらかさむ。肌が荒れる。お直しや化粧する時間の無駄だ。

通常は慢性に経過するが、状況に応じた手当によって病状が一定の状態に保つことができれば、いずれは自然寛解が可能な疾患だと言われている。

身体中のリンパ管に沿うようにして走る血液の動きが悪くなってしまうと、様々な栄養や酸素がうまく運ばれず、結果として不要な脂肪を多く定着させる原因になるのです。

なんとかできないものかとの一心からやみくもにマッサージしてしまう人もいますが、目の下の表皮は敏感で弱いので、こするように強く力を入れるだけの粗っぽいマッサージは止めておきましょう。

肌の乾燥によるかゆみの誘因の殆どは、歳を取ることによる角質細胞間脂質と皮脂分泌の衰えや、クレンジングなどの過度の使用による皮ふの保護機能の劣化によって生まれます。

デトックスというのは、特別なサプリメントの飲用や温泉などで、このような人体の有毒な物を体外へ排出しようとする手段を指しているのだ。

日本の医学界全体がQOLを大切に捉える風潮にあり、製造業を始めとする市場経済の進歩と医療市場の大幅な拡大により、容貌を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)はここ数年最も注目を集めている医療分野であろう。

最近見直されている頭皮ケアは別名スカルプケア(scalp care)とも言われているお手入れ方法です。頭皮は髪の困り事の代表である脱毛や薄毛などにとても密に関わっていると同時に、顔の弛みなどにも影響を及ぼすといわれています。

目の下に大きな弛みが生まれると、全ての人が年齢よりも4~5歳上に映ってしまいます。肌のたるみは色々ありますが、その中でも下まぶたは特に目立つ場所です。

アトピーという症状は「場所が限定されていない」という意味の「アトポス」というギリシャの言語に由来しており、「遺伝的な因子を持った人のみに見られる即時型のアレルギーによる病気」のこととして名付けられたのだ。

美容の悩みを解決するには、初めに自分の臓器の状態を把握してみることが、解消への第一歩になります。それにしても、一体どんな手段で自分の内臓の具合が判断できるのでしょうか。

肌の新陳代謝が狂いがちになると、様々な肌の老化現象やトラブルが出現します。シワ・シミ・くすみ・隈・たるみ・吹き出物・乾燥など、言い始めればキリがないでしょう。

美容目的で美容外科手術を受けたことについて、恥ずかしいという気持ちを抱いてしまう人も結構多いため、患者さんの名誉や個人情報を冒涜しないような気遣いが重要である。

ついついパソコンの画面に見入ってしまって、眉間にはシワ、プラス口角の下がったへの字口(ちなみに私はこの形を別称「富士山ぐち」とも呼んでいます)をしているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。

若い女性に人気のネイルケアとは、手足の爪とその周辺を手入れすること。美容だけでなく、健康、医学的な処置、生活の質(quality of life=QOL)の保全などいろんな捉え方があり、今やネイルケアは一つの確立された分野となっているのは言うまでもない。


▲pagetop